スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
夏の花が咲き始めました。
2016 / 07 / 08 ( Fri )
「モカモアガーデンへようこそ」2回目です。
モカモアコーヒーの庭で咲いている季節の花木をご紹介します。
梅雨はまだ明けていませんが、夏の花がどんどん咲き始めています。(7/8撮影)

まずはこの時期欠かせません、アジサイ。
うちのはガクアジサイですね。
以前はせっかくの大株に育っているのに「ガクアジサイ」って地味だな…って思ってました。
でも最近は、この仰々しくないナチュラルな感じがここに合ってるような気がしてきました。

あじさい

「ルダべキア タカオ」は花径は小さいですが
分枝性がよく株いっぱいに咲きます。あのターシャさんはルドベキアのことを
「ブラックアイド スーザン」(黒い目のスーザン)と呼んでいました。

タカオ

庭で存在感を放っているのはサンジャク(三尺)バーベナ。
名前の通り1m以上になりますが、場所が合ったようですでに2m近くに育っています。

バーベナ

糸葉ハルシャギクはコレオプシスの一種ですね。
葉が細く糸状で、一見弱々しいのにとても強健。
年々大株になり夏の庭をにぎわせてくれています。

イトバ

こちらは一年草の「ナスタチウム」
黄色やオレンジのカラフルな色合いが夏を感じさせてくれます。
種でまいてもすぐ発芽してくれるのでおすすめの一年草ですよ~。
「西の魔女が死んだ」の中でも登場し、葉をサンドウィッチに使用していたのが
印象的でした。まだやったことないけど、ちょっと辛いのかな?

ナスタチ

駐車場から店に歩くと正面に見えてくるのが「トリトマ」
長い花径の先に咲く個性的なたいまつのような花穂が目を引きます。
でも、本当はオレンジ色が咲き進むにつれて黄色になるため一つの花穂で
2色楽しめるはずなんだけど、うちのは初めから最後まで黄色いまま…。
品種が違うのでしょうか?

トリトマ

最後に「ガウラ」(ハクチョウソウ)
白い小さな蝶のような花からこの名前があります。
細い花径をアーチ状に伸ばすので、少しの風でもゆらゆらと揺れ
本当に蝶が飛んでるみたい!
ガウラは「夏に一度切り詰めろ」と書いてある本と、「切り詰めると脇芽があまり
出てこないから切るな」と書いてある本があります。
やれやれ…どっちなの?

ガウラ

次回は真夏の庭リポート予定です。お楽しみに。
スポンサーサイト
15 : 18 : 01 | モカモアガーデンへようこそ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。